HOME » 企業担当者向け・3Dスキャナの選び方 » Vol.2 グローバル企業との取引実績はあるか

Vol.2 グローバル企業との取引実績はあるか

決して安い買い物ではない、3次元測定機の導入。測定機選びのポイントは、その製品を利用している企業をチェックすることにあります。

【3Dスキャナー選びのポイントvol.2】グローバル企業との取引実績をチェック!

3次元測定機のメーカーは、専門的な知識がない方にとってはあまり馴染みのない名前が多いと思います。それもそのはず、家電メーカーのように幅広い製品をつくるメーカーではなく、3次元測定機や3Dプリンターを専門としていることが多いためです。あるいは、測定機を専門とするメーカーの場合もあります。

家電メーカーのように、メーカーごとの信頼性で選ぶことができないのが3Dスキャナー。特に、はじめて3次元測定機を導入する企業の担当者の方は戸惑われると思います。

では、どうやって3次元測定機を選んだらよいのでしょうか?注目すべきポイントのひとつとして、メーカーの取引実績を挙げることができると思います。

グローバル企業との取引があるかどうかをチェック!

3Dプリンターが一気に普及して注目を集めるようになっている一方、3Dスキャナーはまだあまり知られていません。前述のように、メーカーの名前も知られていないと思います。

その中で、今後メーカーが認知されていくことがあるとしたら、そのメーカーの製品を大手企業が採用するケースだと思います。大手が採用しているメーカーの製品であれば、信頼度はグッと高まります。3Dスキャナー選びの上で、大企業が採用している製品を探すのは大切な作業です。

国内企業はもちろんのこと、グローバルな企業が採用していれば、なお高い信頼感をもつことができると思います。

たとえばどんな企業が3Dスキャナを採用しているの?

実例を挙げるとすれば、人気商品であるGo!SCANやHandy SCANシリーズを展開しているCREAFORM(AMETEKグループ) 同社の製品を採用している企業には、自動車メーカーだけでもBMW、トヨタ、日産、ルノーなどがあります。また航空機のボーイングもCreaform社の製品を採用しています。

ここまでグローバル企業の採用実績があれば、まず製品クオリティに間違いはありませんよね。購入後のトレーニングサービスやサポート体制も万全だと思います。

3Dスキャナーを選ぶなら、どんな企業が採用しているかをぜひチェックしてみましょう!

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop