HOME » 企業担当者向け・3Dスキャナの選び方

企業担当者向け・3Dスキャナの選び方

企業の担当者の方向けに、3Dスキャナの失敗のない選び方をまとめています。

必要とする性能を把握していないと、満足のいく3Dスキャナーを選ぶことはできません。「高価なだけで使わない機能が多い」といったことにならないためにも、必要な性能を把握して価格や必要な精度、サポートに見合った3Dスキャナーを選びましょう。

 ここに注目すれば大丈夫!失敗しない企業向け3Dスキャナの選び方

ここに注目すれば大丈夫!失敗しない企業向け3Dスキャナの選び方

突然3Dスキャナの導入を担当することになった方は、まずどうやって製品を選んだらいいのかわからず、困惑されると思います。はじめて触れるテクノロジーであっても、失敗は許されないのが怖いところ。

そこで、ここでは失敗せずに三次元測定機を選ぶための3つのポイントをピックアップして解説していきます。この3つは何よりも大切なポイント!忘れずに確認するようにしましょう。

商品によって適切な測定機を選ぶ

三次元測定機を企業で導入する場合、用途は決まっているのがふつう。であれば、その用途に合った測定法や規模、スペック、特徴をふまえて機種を選ぶことが大切です。

たとえば、これまでの主流であった据え置き型と、レーザー光による測定により手軽に短時間での計測が可能となったハンディ型という分類がありますが、それぞれのメリットやデメリットを理解し、どちらのほうが用途に合っているのか確認することが重要です。

グローバル企業との取引実績

案外見落としがちなのが、どんな企業がその製品を導入しているのか、という点。

グローバルレベルの大手企業が導入している三次元測定機なら、性能や信頼度は確かです。その製品は3Dスキャナのスタンダードだとも言えます。

製品選びで迷うことがあったら、メーカーの取引実績をチェックするのもよいでしょう。

導入前後のサポートは充実しているか

その製品のメーカーは、3Dスキャナの導入に関して、充実したサポートを提供しているかどうか確認しましょう。

導入後の故障に対する対応、バージョンアップ、あるいはトレーニングサービスなどは必須です。

また、導入前に実際に測定をするデモを見せてくれるかどうかも確認しておきましょう。実際に目の前で測定を行う様子を見ることで、データや数字だけではわからない、3Dスキャナの性能がはっきりわかります。

精度で3Dスキャナーを選ぶ

精度は高い方が良いのかなど精度についての考え方と、適切なスキャン性能を持つ機械の選び方についてまとめました。

精度の違いやカタログでの表記、適切な機械とメーカーの選び方を参考にして、必要な性能を持つ3Dスキャナーを検討してみましょう。

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop