HOME » 三次元測定機取扱い業者カタログ[完全版]

三次元測定機取扱い業者カタログ[完全版]

三次元測定機を取り扱っている、日本国内に拠点がある業者を一挙にリストアップして、各社の取扱い製品および企業としての特徴をリサーチしました。

三次元測定機のグローバルメーカーはもちろん、各社の日本代理店、あるいは国内企業でオリジナルの三次元測定機を製造・販売している企業などを対象に調査しています。業者向けのハイエンド商品を中心として、ハンディタイプから大型の対象物に対応した製品、個人向けのローエンド商品など、幅広く取り上げています。

この完全版リストをチェックすれば、三次元測定機の主要な業者を網羅できると思います。ぜひ、測定機導入の参考にしてみてください。

CREAFORM(AMETEKグループ)

CREAFORM(AMETEKグループ)は、ハンディタイプで高性能な三次元測定機を開発している企業です。スキャン精度が高く、数々のグローバル企業による導入実績を持っています。

いずれの製品も1kgを切る軽さで、どんな現場にも運ぶことができ、計測ができる機動性も魅力のひとつ。ポータブル3Dスキャナーの最有力メーカーです。

Go!SCAN 3D

キャリングケースに入り、飛行機の機内持ち込みも可能な三次元測定機。解像度0.1mm、精度0.1mmという高品質スキャンが可能です。

HandySCAN 3D

CreaformのフラッグシップモデルがHandySCAN 3D。最大0.03mmの精度、0.05mmの解像度というトップクラスの品質をもつ、最上位モデルです。

CREAFORM(AMETEKグループ)の詳細ページへ

オーピーティー

株式会社オーピーティーは、オプテック社というカナダのメーカーのレーザー三次元測定機を中心に取り扱っています。測量に使う測定範囲の大きいものから、安価で導入できるローエンド機まで、各社の製品を揃えています。DAVID社、Artec社といった代表的なメーカーの製品も扱っています。

ILRIS 3Dスキャナー

オプテック社の製品で、測量、構造物の3Dモデル化、遺跡発掘調査にも使われるモデル。ヒーター内蔵、防塵防水仕様、長時間バッテリー内蔵など、どんな環境でも使える設計になっています。

KT2ハンディスキャナー

Kinect2を使ってスキャンを行う、普及版パッケージ。データ処理はArtec Studioを使って3Dモデルを生成します。ホビーユース向け。

オーピーティーの詳細ページへ

システムクリエイト

システムクリエイトは、三次元測定機をはじめとして、ものづくりのためのコンサルティングを行う企業。オリジナルの3Dプリンタを開発するなど、技術力もあります。

REXCAN 4

Rexcanシリーズの最新機種がこちら。表面ノイズは0.01mm未満という超高精度スキャンが可能です。狭くて深い部分の測定能力にも長け、品質検査やリバースエンジニアリングには最適です。

HEXAGON HP-L-208

据置型の三次元測定機で、黒いものや光沢物のスキャンを得意とします。非接触測定とプロービングを組み合わせ、より精度の高い測定が可能になっています。

システムクリエイトの詳細ページへ

データ・デザイン

データ・デザインは、製造、検査、企画設計、監理などの分野で三次元測定機のソリューションを提供する企業。Artecの製品を中心に扱う販売企業です。

Artec Eva

Artecの代表的なハンディスキャナ。解像度は最大0.5mm、精度は0.1mmと高性能。フルカラースキャンも可能なため、鮮やかな色も含めて3Dモデルをカンタンに作ることができます。

L2

こちらはArtecの据置型三次元測定機。1m以上離れた対象でも測定が可能で、1.6m離れた場合の測定範囲は1268×952mmと広いのが特徴。人体計測にも使われています。

データ・デザインの詳細ページへ

イグアス

イグアスは、3D Systemsの三次元測定機の代理店です。そのほかにもArtec Eva・Spider、COMのATOSシリーズなど、各社製品を取りそろえて幅広いソリューションを提供しています。

iSense

個人用、特にホビーユースのために開発された三次元測定機がiSense。x/y分解能は0.9mm、z分解能は1mmと、ホビーユースには十分な性能。iPadやiPhoneに接続して使うことができます。

イグアスの詳細ページへ

日本電産トーソク

もともと測定を専門として創立された企業で、1949年から続く老舗企業。空気マイクロメータや画像処理の分野で高い技術をもち、測定機開発の分野でも活躍をしています。

RVL6540

卓上型のオリジナル三次元測定機。自動で回転するステージが搭載されており、全周を自動で測定することができます。スキャン精度も高く、最大許容誤差は0.02mm、最小メッシュ間隔は0.025mmと非常に高性能です。

日本電産トーソクの詳細ページへ

トプコン

光学機械の総合メーカーとして、測量やGPSシステム製品、医用機器などを開発・販売するメーカーがトプコン。独自の三次元測定機を開発しています。

Mobile Survey System IP-S3 HD1

車のルーフに設置して、走行しながら周囲の建築物などを3D測定できるシステム。小型車にも搭載できるサイズで、ひとりでも装着ができます。位置情報や画像情報も同時に取得するので、景観シミュレーションの分野でも利用が可能です。

3D Laser Scanner GLS-2000

幅広い測定レンジを選ぶことができる測定機。40mまでの近距離モードから500mまで計測できる標準モードまで調整ができ、インテリア測定から構造物測定まで対象とできます。

トプコンの詳細ページへ

アイジェット

アイジェットは、3Dプリント事業からスタートした企業。3Dスキャンやデータ制作の分野で高い技術を有しています。

SHOZO 3D

アイジェットが積極的に販売しているのが、人物専用の3Dスキャナー"SHOZO 3D"。人物のスキャンが約50秒という高速使用。スキャン~データ完成までは4回のクリックでできるという簡単設計になっています。観光地やイベントでの需要が見込まれる、新しいタイプのスキャナーです。

アイジェットの詳細ページへ

株式会社ノア

一般ユーザー向けの三次元測定機を開発・販売しているのがノア。低価格で、誰でも使えるエントリーモデルをリリースしています。経済産業省の戦略的技術高度化支援事業に採択されたプロジェクトを推進しています。

Hapimo:3D

デジカメ感覚で使える三次元測定機。モニター、センサー、バッテリーなどを内蔵しており、撮影ボタンをタッチするだけでスキャンが行われ、3Dデータが作成できます。動作距離は0.8~3.5m、XY分解能は1.4mm@0.8m。エントリーモデルながら、まずまずのスペックです。

株式会社ノアの詳細ページへ

XYZプリンティング

ローコストな3Dスキャナーが普及するきかっけを作った、台湾のメーカー。欧米、中国、もちろん日本でもグローバル展開をしています。3Dプリンタ・スキャナ一体型の「ダビンチ」など、画期的な製品を世に送り出しています。

XYZprinting ハンドヘルド3Dスキャナ

定価が¥22,800という画期的な低価格モデル。ホビーレベルでなら使えるスペックを備えており、フルカラースキャンも可能です。重量は238gと軽く、持ち運びも簡単。さすがにスキャンには慣れが必要ですが、試しに使ってみたいという方には向いていると思います。

XYZプリンティングの詳細ページへ

株式会社スペースビジョン

3次元画像化技術を生かした開発を行っており、世界最小・最軽量・最速の人体3Dスキャナーの開発を行っています。

3Dボディスキャナー

スペースビジョンの人体向け三次元測定機は、なんと2秒で全身を3D測定できるという驚異の高速測定機です。測定点はおよそ100万点、測定誤差は3mmほど。しかもキャリーケースで運べる軽量設計になっています。

アパレルでのオーダメイド用寸法など、さまざまな用途での展開が期待されている三次元測定機です。

株式会社スペースビジョンの詳細ページへ

ライカジオシステムズ

主に測量などに使われる、大型の三次元測定機を開発しているのがライカジオシステムズ。独自の高精細空間測量システムは、測量士を中心に支持を集めています。

Leica ScanStation P40,30

最長270mの計測距離を誇り、100万点/秒という高速測定が可能な機種。-20℃~50℃の間で動作する、非常にタフな機種です。

Leica ScanStation P16

こちらは計測距離40mですが、防水・防塵規格IP54に準拠しており、さらに過酷な環境でも測定が可能です。

Oeica ScanStaion C10

こちらはポータブルなモデル。標準的な室内であれば、2分ほどで計測が可能なほか、リアルタイムで現場イメージが取得できるビデオカメラも利用できます。

ライカジオシステムズの詳細ページへ

スリーディー・システムズ・ジャパン

専門家向けからコンシューマー向けまで、幅広いラインナップを展開している3Dスキャナーメーカーがスリーディー・システムズ・ジャパンです。特に小型・低価格なローエンドモデルが有名です。

NextEngine 3Dスキャナー

スリーディー・システムズ・ジャパンのラインナップで注目したいのがNextEngine 3Dスキャナー。224×277×92mmという小型サイズで、卓上でも使うことができます。もちろん測定精度0.1mmと高い測定品質を誇ります。もちろんカラー撮影も可能。現在90か国以上で導入されています。

スリーディー・システムズ・ジャパンの詳細ページへ

デンタス

デンタスは、医療向けの三次元測定機を開発している企業。現在世界50か国・地域で導入される三次元測定機を手がけています。

デンタスの三次元測定機

患者の歯型からつくる石膏模型をレーザー測定し、歯列模型や支台歯の測定を行うことができます。測定精度は0.15mm、測定範囲は90×90×90mm。スキャンポイントは100万点で、精密な測定が可能です。

デンタスの詳細ページへ

DAVID Vision

David Visionは、ドイツに拠点を置く3Dスキャナーメーカー。据置型のスキャナーを主力商品とし、高速で精度の高い製品を生み出しています。

SLS-2

SLS-2は、三脚に取り付けて使うポータブルなもの。パターン投映法式という技術を使って測定するもので、プロジェクターの前に対象物を置き、光を投影することで計測ができます。一度のスキャンはわずか数秒で、精度は0.06mmという高品質スキャンが可能です。

DAVID Visionの詳細ページへ

パルステック工業株式会社

パルステック工業は、X線や光の技術応用を中心とした研究開発を行っている企業です。光応用分野の研究成果をもとに、非接触型三次元測定機を開発しています。

TDS-L

ポイント走査方式、FPCという技術を利用して、外乱光の影響を受けにくく設計したモデル。国内1,000台の販売実績があり、安定したスキャン品質が支持の理由のようです。

PULS-G

多関節デジタイザに搭載するタイプの三次元測定機。アームを利用して計測するので、アームの届く範囲なら大型の部品なども計測可能。計測角度も自由がききます。

TDS-L

接触型の三次元測定機に装着し、非接触三次元測定が可能になるという変わり種。計測が速く、品質が安定している非接触計測ができるメリットは大きいと思います。

パルステック工業株式会社の詳細ページへ

FARO

FAROは、世界でもっとも導入台数の多い三次元測定機メーカーのひとつ。既に15,000社以上の顧客と、30,000台以上の導入実績を持ちます。アーム型の3Dスキャナーが主力商品です。

FaroArm

接触型・非接触型が一体になった、ポータブルタイプの3スキャナー。もっとも高性能な3Dモデルでは、精度は0.016mm(測定距離1.2m)。非常に高精度です。

Faro Laser Tracker

測定範囲が160mと非常に広いポータブルスキャナー。耐久性に優れており、あらゆる現場に運んで使うことができます。

FAROの詳細ページへ

シーフォース

シーフォースは、REXCANの三次元測定機を中心に販売している企業。自社製品の販売や、海外工具の輸入販売をしています。

REXCAN CS+

据置型の非接触三次元測定機。テーブルが自動で回転し、複数角度から測定を行うことで3Dモデルを合成してくれます。鏡面や金属面のスキャンに強いのが特徴です。

REXCAN DS2

こちらは小型の対象物を測定するためのモデル。ワンクリックで自動的に24ポジションでのスキャンを行ってくれるもの。また、212×370×440mmというサイズも魅力です。

EzCan

EzCanは、人体向けの三次元計測スキャナ。全身の測定が可能で、スキャン時間はわずか2~3分と高速です。

シーフォースの詳細ページへ

ディプロス株式会社

ディプロスは、LMI TechnologiesやMantis Visionなどの国内代理店です。

HDI 120

1度のスキャンが0.3秒という高速スキャンが可能なモデル。解像度も985,000点とハイスペックで、緻密なスキャンが可能です。またIP67に準拠した防塵・防水加工により、過酷な現場にも対応できます。

HDI Advance

より計測性能が高く、複雑な計測を行うシステムがHDI Advance。解像度は260万点、精度も0.05mmと、抜群のスペックです。

ハンディスキャナ

Mantis Visionのテクノロジーを利用して製造されたハンドヘルドスキャナ。スペックは公開されていませんが、広い被写界深度を誇り、動きながら計測をしたり、狭い場所での計測もしやすいモデル。

Gocator 3100

こちらもハンディタイプの非接触三次元測定機。最大5Hzの速度で測定ができ、複雑な形状の対象物もスキャンできます。

ディプロス株式会社の詳細ページへ

OKIデータ・インフォテック

OKIデータ・インフォテックは、印刷業向けの製品や、サイングラフィックス製品を手がける企業です。

Geomagic Capture

Geomagic Captureは、3D Systemsが開発した3Dスキャナー。スキャン時間は1回あたり0.3秒、100万点群のスキャンが可能です。特筆すべきはその精度で、0.06~0.118mmというスキャン精度はかなり高品質です。

OKIデータ・インフォテックの詳細ページへ

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop