製造・鋳造

製造業・鋳造業には欠かせない三次元測定機(3Dスキャナー)が、実際にどのように活用されているのか、事例をご紹介します。

製造・鋳造業での三次元測定機の活用事例

製造業や鋳造業では、検査・品質管理から機械や工具の設計調査まで、あらゆる場面で三次元測定機(3Dスキャナー)が活用されています。ここでは、具体的にどのような使われ方をしているのか、ご紹介していきたいと思います。

製造・鋳造業での活用事例

初回製品検査

製造された部品や製品は、必ず品質検査が必要になります。プロトタイプとして少量生産を行い、CADファイルや設計図と比較して製造の精度を確認します。

ほかの計測機具では測定しにくい自由形状の部品では、特に三次元測定機が活躍します。

未加工部品の鋳造・鍛造加工前検査

鋳造・鍛造の加工をする前の部品は、加工するのに十分なサイズや量があるかどうかを検査することがあります。

同様に、加工の中間検査も三次元測定機で行われます。これにより、対応できない部品を加工してしまい、ムダな時間とコストがかかることを回避します。

工具の設計への応用

工具の設計では、複雑な組み立てと形状をもつ部品の寸法を正確に測定する必要があります。この工程に存在するニーズは、測定をあらゆる環境で行えること。設計の現場ではもちろん、サプライヤーの工場や作業場での測定も可能である必要があります。ハンディタイプの三次元測定機が普及したことで、このニーズに十分応えることができるようになっています。

特に製造業や鋳造業では、金型・鋳型での製造を行うので、加工品の収縮やスプリングバック効果によってCAD通りに製造されない可能性があります。

収縮などの物理現象が加工品にどのような影響を与えるのかを正確に把握し、設計変更を最小限に抑えるためには、3Dスキャナーによる緻密な計測が用いられています。

それだけでなく、元の工具のリバースエンジニアリングにも三次元測定機が用いられますので、3Dスキャナーは製造・鋳造業では欠かせない測定機となっています。

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop