重工業

可搬性の高い三次元測定機(3Dスキャナー)が活躍する、重工業。重工業での三次元測定機の活用事例をご紹介していきます。

三次元測定機の活用事例・重工業編

重工業は、その製造過程に巨大な部品や機械が必要となります。これらの測定や品質管理の作業は非常に過酷ですが、三次元測定機の登場によって、その工程は大きく軽減されています。

ここでは、三次元測定機が重工業でどのように用いられているのかご紹介します。

重工業での三次元測定機の活用事例

産業装置の部品・付属品の開発

農業や鉱業、建設業といった業種に使われる機械や装置の部品の設計・開発に、三次元測定機が使われれます。

スペアの部品や付属品を開発する場合、既存の装置に正確に対応できるよう、もとの製品の寸法を精密に計測しなければなりません。この計測の正確さが、良好な性能をもたらすのです。

この計測は、部品そのものと、部品同士の位置関係を大量に計測する必要があります。この工程では、プロービングと3Dスキャンを利用するのがもっとも信頼性の高い方法と考えられています。

また、正確な計測ができることで、複数のモデルに対応する付属品の設計にも柔軟に取り組むことができます。

品質管理・検査

産業装置の部品や付属品の製造には、品質管理のための計測が必要です。部品それぞれ、あるいは組み立てられたものの寸法を正確に検査し、CAD図面と比較することで品質管理が行われています。

キャタピラの設計・製造

キャタピラの設計や製造を専門とする企業では、可搬性の高い三次元測定機が活用されています。

部品が大型で計測装置のある場所への運搬が難しいため、携帯できる測定装置が必要です。非接触型の三次元測定機なら持ち運ぶことができ、しかも大型の部品でも計測が可能です。

過酷な現場でも利用できる装置が活躍

重工業の製造現場は、ほこり、風、高温などの過酷な環境に晒されることがあります。そういった場所での計測は難しいものですが、優れた三次元測定機メーカーの製品なら信頼に足る測定データを得ることができます。

特に非接触型の測定機は可搬性に優れているため、重工業では重宝されています。

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop