教育・研究

教育や研究の現場で、どのように三次元測定機(3Dスキャナー)が利用されているか調査しました。

教育や研究でも利用されている三次元測定機

意外に思われるかもしれませんが、三次元測定機(3Dスキャナー)は教育現場で積極的に利用されています。もちろん、研究機関では言うまでもありません。

将来、若者たちが三次元測定機を有効に活用できるようになれば、あらゆる職業、あるいは研究分野での更なる成果が望めることは想像に難くありません。

では、実際に三次元測定機は教育現場でどのような位置づけがされているのか見ていきましょう。

研究・教育現場における三次元測定機の役割

三次元測定機は、工業などでの生産管理や品質検査に用いられるものという認識が強いと思います。しかし、現代では自然科学や考古学の分野でも検査機具として重要な位置を占めています。

たとえば、発掘した収集品を3Dスキャンして、データによる分析がされています。CADデータを使って画面上での仮想複製を行ったり、損傷物の復元や再構築にも利用されます。

また、空間データのモデリングも可能なため、文化遺産の保護の分野でも三次元測定が利用されています。据え置き型ではなく、持ち運びの可能な三次元測定機が普及したことによって、こういった活用法が可能になりました。

あらゆる物や空間を3Dデータにすることで、アーカイブや測定・比較、変形調査など、さまざまな用途に応用することができます。

高等教育でのカリキュラムヘの組み込み

いくつかの教育機関では、既に3D測定技術をカリキュラムに組み込み、学習ツールとして使用するケースがあります。

高等教育の現場において、3D測定技術を用いたリバースエンジニアリングや品質管理・検査への応用法が指導されています。測定機のメーカーによっては、これらの技術を指導するためのパッケージやセミナーも提供しています。

エンジニアリングや応用科学、あるいは産業デザインを学ぶ学生にとって、三次元測定は今後欠かせない技術であることは間違いありません。これが教育現場にもっと浸透することで、科学技術はより発展することでしょう。

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop