HOME » 業種別・3Dスキャナーの活用事例 » 文化遺産・美術・建築

文化遺産・美術・建築

三次元測定機(3Dスキャナー)が、美術や建築などの文化遺産の保護に使われている事例をご紹介します。

文化財の保護にも貢献!三次元測定機の活用事例

文化財、とりわけ美術や建築、出土品といったものは、非常に繊細で、保護が必要になることがあります。古いものになればなるほど、文化遺産そのものの重要性が増すだけでなく、保護技術の重要性も増します。

こういった文化財の保護は、いまや三次元測定機(3Dスキャナー)の重要な活躍分野のひとつ。三次元測定によって3Dモデルを生成することで、たくさんのことが可能になります。

文化遺産保護分野での三次元測定機の活用法

アーカイブ化・電子化

はじめに挙げられる三次元測定機の役割は、文化遺産のアーカイブ化、そして電子化への応用です。

古代の出土品や古い工芸品、あるいは化石のようなものは、3Dデータ化することでカタログ化やデータベース化が可能になります。実物に触れずに形の分析や測定が可能になるので、保護の観点からも有用です。もちろん、そのデータを研究者間で共有することも可能です。

この3Dモデルをつかって、たとえば化石を複雑に組み立てたり、出土品から何らかの構造物を組み上げることも可能になるでしょう。

また、三次元測定機が可搬性を持ったことによって、考古学者は出土品をその場でスキャンして分析の現場に送ることもできます。

美術品・工芸品の修復

美術品や工芸品は、時間の経過による劣化が避けられないものです。これらを3Dモデリングしておくことで、どこがどのように劣化しているかを正確に測定することができます。

あるいは、損傷した状態で発掘されたものを本来の姿に修復する場合でも、モデルの測定により修復プランを精密に組みあげることができます。複雑な損傷で実物の測定が難しくても、非接触三次元測定なら容易に測定ができます。

バーチャルミュージアム

これらの出土品や工芸品、あるいは美術品は、展示に細心の注意が必要でした。しかし、これらを3Dデータ化することによってバーチャルミュージアムを提供することができます。

収蔵品や展示品をインタラクティヴに表示できるようになったことで、興味をもつ人に対して知識や経験を提供することができるようになるのです。

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop