航空

もっともシビアな測定が要求される、航空産業での三次元測定機(3Dスキャナー)の活用事例をご紹介しています。

宇宙・航空業界での三次元測定機の活用事例

航空産業や宇宙産業は、製造・設計の精密さがもっとも高いレベルで要求される産業のひとつ。間違いがひとつでもあれば、多くの命が危険にさらされることになります。設計の段階から製造、品質管理まで、信頼性の高い測定技術が必要となります。

ここでは、そんな航空・宇宙産業での三次元測定機の活用事例をご紹介していきます。

航空産業での三次元測定機の活用事例をチェック

航空産業では、品質管理や検査をはじめ、航空力学面での解析、部品のOEM生産やリエンジニアリング、そしてリバースエンジニアリング、損傷評価など、多岐にわたって三次元測定機が活用されています。

メンテナンス

反応装置やタービンは、定期的なメンテナンスが必要となります。摩擦によって素材が曲がってしまったり、劣化するため、その損傷や劣化の評価を精密に行わなければなりません。

複雑な形状の部品の測定に関しては、特に三次元測定機が活躍します。ほかの測定機具では難しい箇所も計測できるのが強みです。

設計工具の検査

新しく製造ラインを立ち上げる場合には、もちろん製造に入る前にラインの検査が必要です。成型金型、治具、ラック、プレスといった設計工具を定期的に測定し、調性するために三次元測定が用いられます。

組み立ての確認

航空機の製造には、複雑な組み立てが伴います。これには事前にシミュレーションを行うことが必要となります。

シミュレーション、特に画面上での組み立ては、各部品を精密に測定し、モデリングすることで高い精度での実行が可能になります。また、シミュレーションによってデザインの調整も可能になります。

航空力学的な障害の評価

航空力学上の、航空機に対する障害の影響は非常に複雑な計算が必要です。これを実行するために、三次元測定機による正確な検査が行われています。

航空機が受けた損傷の長さ、幅、奥行きを精密に検査することで、空気力学的な解決法や障害の評価が可能になっています。

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop