自動車・輸送

自動車や輸送業界における、3Dスキャナーの活用事例をご紹介しています。中でも、非接触三次元測定機がどのように使用されているのでしょうか。

【3Dスキャナー活用事例】自動車・輸送業界で非接触三次元測定機が大活躍

自動車・輸送産業の現場では、3Dスキャナーが非常に活躍しています。設計から製造工程のあらゆる場面で3Dスキャナーが使われ、大きな役割を果たしています。

このページでは、自動車・輸送産業で3Dスキャナーがどのように活用されているかご紹介していきたいと思います。

3Dスキャナーの活用事例

リバースエンジニアリング

自動車や輸送機械の設計・デザインの出発点は、既存の設計を分析し、実物の部品を使って再現をするところから始まります。競合製品がもつデザインの意図を分析するためには、正確にその製品を再現する必要があります。これがリバースエンジニアリングです。

製品の部品それぞれを正確に計測し、意図を汲み取ることがリバースエンジニアリングでは肝要になります。取得したデータを使ってCADデータに落とし込むことができる点で、3Dスキャナーは非常に有効です。

製品検査

はじめて製造された部品やプロトタイプは、必ず精密な検査を必要とします。設計図と比較して、製造の精度を確認し、欠陥がないかどうか確かめます。

特に自由形状の部品の場合は、一般的な測定機具だと精密な測定は不可能です。3Dスキャナー、特に非接触型三次元測定機をもって測定することが現在ではマストになっています。

工具のテスト・調整

製品が流れる前に、製造のための工具のテストや調整を行います。成型金具、治具、プレスなどを検査するために、3Dスキャナーが用いられます。

摩耗や変形の監視

開発された製品は、摩耗や変形のテストを行います。ここでも3Dスキャナーの精密な測定が役に立ちます。

熱による燃料タンクの変形や、エンジン取付ブラケットの変形、衝突テストでのひずみなど、測定分野は多岐にわたります。

製造ラインでの検査

実際に製造がスタートした後も、定期的な検査は必要です。ランダムサンプリングによって抽出された部品は、3Dスキャナーによって精密に検査され、部品の特性を検査します。

構造解析

例えば、軽量トレーラーの設計においては、部品の重量を軽くしながら同一の性能を保つ、あるいは高めることが求められます。構造的な挙動の測定においても、3Dスキャナーによるデータを用いた構造解析が有効です。

非接触三次元測定機の有用性とは?

これらの検査において、非接触三次元測定機は測定作業のスピードと可能性を大きく拡張しました。

非接触型の採用により、計測機は小型になり、ハンディでの使用が可能になっています。しかも計測スピードが劇的に速くなりました。持ち運びができるので、工場のどのエリアでも測定できるという強みもあります。

接触型と非接触型はこれからも併用されていくと考えられますが、非接触型三次元測定機の果たす役割はますます大きくなることは間違いありません。

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop