HOME » 業種別・3Dスキャナーの活用事例

業種別・3Dスキャナーの活用事例

3Dスキャナー(三次元測定機)が実際にどのような現場で活用されているのか、業種別に実例をご紹介していきたいと思います。

【業種別】3Dスキャナーはこんな場面で使われている!活用事例集

3Dスキャナーの活用の幅は、一般に思われているよりも非常に広いのです。製造業の品質管理やホビー用にとどまらず、あらゆる業種で活用されていることを知ると、3Dスキャナーを使った新たなアイディアも生まれるかもしれません。

ここでは、業種別に3Dスキャナーの活用法をご紹介していきたいと思います。

自動車・輸送

製品検査やリバースエンジニアリングはもちろんのこと、一般的な測定器具では難しい自由形状の部品などを計測しています。

製造・鋳造業

加工前の部品が加工するのに十分なサイズがあるかどうかを計測したり、工具設計への応用などがされています。

重工業

重工業では、大型の部品の計測がつきもの。しかし一般工具を人間が使って計測するのは、手間と精度の両面から難があります。この問題をクリアするのが三次元測定機。重工業での活用事例もたくさんあります。

航空

航空業界では、部品の製造はもちろん、機体の管理・点検も非常にシビアに行う必要があります。そこで役立つのが三次元測定機(3Dスキャナー)です。

発電

発電用の機械・部品の製造や管理にも三次元測定機が欠かせません。タービンは部品が大きい上に、既に組み立てた発電ユニットのタービンはスペースがなく、一般器具での計測が難しい状況。そこで、スペースがあまり必要ない三次元測定機が活躍しています。

教育・研究

研究や教育現場でも活用されている三次元測定機。考古学などで発掘したものを3Dスキャンしてデジタルカタログ化したり、あるいは専門教育の中で3Dスキャナーの使い方を学ぶことができるようにもなっています。

文化遺産・美術・建築

美術品や建築物など、文化遺産の保存にも三次元測定機が使われます。補修や復元のシミュレーション、あるいは劣化の計測など、あらゆる場面で三次元測定機が活用されています。

医療・ヘルスケア

義手や義足、あるいは整形手術のシミュレーションなどで三次元測定機が使われます。また、脊柱をスキャニングしてその歪みを見ることで、病気を診断する方法も開発されています。

精度で選んだ三次元測定機3選
実績で選んだ三次元測定機3選

pagetop